×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

製紙工場
紙(かみ)とは、植物などの繊維を絡ませながら薄く平(たいら)に成形したもの。
日本工業規格 (JIS) では、「植物繊維その他の繊維を膠着させて製造したもの」と定義されている
今回はこの「紙」についてのレポートを製紙工場の廃墟とともにご紹介します。
紙の原料となるパルプ製造をはじめ、洋紙、和紙(機械すき、手すき)、板紙、壁紙など、紙の種類も多岐にわたる
紙の原料は、一般的に植物繊維を原料にしているものを指すが、直径100マイクロメートル以下の細長い繊維状であれば、鉱物、金属、動物由来の物質、または合成樹脂など、ほぼあらゆる種類の原料を用いて作ることができる。

その製法も水や溶液に分散させ、スノコやアミの上に広げ脱水し、乾燥させるものや、水を使用しないで乾式で製造するものもある。
次 へ